夏の赤ちゃんのあせも対策

あっという間なことで、うちの娘も9カ月になりました。ぐんぐん成長していきますね。ハイハイしながら暴れまわってます。初夏の5月や6月ごろ、我が家も「あせも」に悩まされました。皮膚科にも何度かかかりました。だけど、いまはだいぶ落ち着いてきたので、わが家のあせも対策をメモっておこうかと思います。赤ちゃんの肌トラブルはきっとママの最初の悩み事だと思います。そこをパパがなんとかサポートできると喜ばれるかも?ということで、今回もパパ目線のあせも対策です。(肌の問題は、とても難しい問題なので、参考程度にしてください。皮膚科の先生にいろいろ指導してもらうことも重要です。)

 

あせもがいとも簡単にできる

赤ちゃんは肌が薄っぺらい(お医者さんによるとサランラップ程度)ので、汗をかく季節になるとすぐにあせもができます。あせもができると、痒くてかいてしまうので、そこがまた悪化する…そして皮膚科にかかり、薬(ステロイドとか)を塗るのループに入ってしまいます。このループはたいていの赤ちゃんが経験する気がする。

そこで、私が学んだあせもの一番の撃退方法は、「つくらないこと」です。

 

あせもを作らないには?

「汗を流す」、です。我が家は7月に入ってから、1日シャワー3回とお風呂1回。朝起きてシャワー、午前の昼寝後シャワー、午後の昼寝後シャワー、寝る前にお風呂。「寝て起きたタイミング」が一番汗かいてます。

洗うポイントですが、シャワーの時、あせもができそうな部分は、すこし「ぬめっ」としています。「ぬめっ」としやすい場所は手首のしわ、ひじの内側、わき、膝の内側、首回り、腰、おまた、でしょうか。この「ぬめっ」をぬるめのお湯(37度とか)でとってあげます。それと、この位の月齢の赤ちゃんはなぜか頭がにおいます。だから頭も洗ってあげます。我が家は石鹸やボディーソープは使わない派です、別に汚いわけじゃないので。ちなみに、このタイミングでおむつ交換が必要な場合、お尻ふく手間が省けてラッキーですよね笑。

湯上り後は、ボディーローションをぬって乾燥を防ぐ。これで完璧!

 

パパはどこで貢献できる?

日中働いているので、昼寝後シャワーは普通は難しいです(お休みの日はできますが)。ただ、朝出勤前のシャワー、帰ってきてからのお風呂は担当できますね。夜泣きで寝不足気味のママに代わり朝の子供の相手をしてあげれたら感謝されるかも?こんなこと言ったら、アレですが、シャワーはなにかと面倒なので、そっせんしてこなせたら喜ばれます。まぁ…汗ベタの娘を見ておいて、それをほおって会社にはいけないですがね…。

それと、そもそもですが、あせも対策を率先して考えるのも良いと思います。家にいる限りよほど病気はしないので、肌トラブルは一番の悩みになると思いますので。シャワーのタイミング、ボディーローションの選択、石鹸使うか等々。

 

今日は我が家のあせも対策でした。初心者パパに少しでも役に立ったらうれしいです。

赤ちゃんへの絵本読み聞かせ

子供と体を使って遊ぶことに疲れてきたら、絵本の読み聞かせをたまにしています(本当は毎日やってあげたいけど、なかなか続かないもの…)。絵本の読み聞かせのコツは3つあるかなーと思っていますので、それらをまとめます。いまうちの子は7カ月ということもあり、対象は1~7カ月くらいの月齢。ソースは16年4月26日のNHKあさいイチを私の想いです。

 

ゆっくり読む

絵本って、1ページに書いてある内容が少しなので、読み聞かせているとついついスピードが早くなってしまいます。でも、赤ちゃんの目は、ピント調整がまだ素早くできる状態ではありません。すぐにページをめくってしまうと何が描いてあるのか見えない(見え辛い)らしい。ですから、なるべくゆっくりページをめくる、読み終わってもしばらくページに滞在する(もしくは勝手にストーリーを増やして言葉をかけ続ける)ということが大事です。感覚的には数十秒というオーダー。

 

目と絵本の距離は離れすぎないように

赤ちゃんの目はだいたい25センチくらいまでしかはっきり見えないらしいです。手をバタバタさせるからといってあまり遠くに絵本を置くと、絵本の絵がしっかり見えていないかもしれない。25センチを目安に、赤ちゃんが絵本をしっかり見てるな~という適切な距離を見つけてあげてください。

 

登場人物になりきるのは大事

最初は恥ずかしいけど、読み手のパパも登場人物になりきるのが大事です!1歳未満の子に読むなら、絵本の絵に出てくるキャラクターになりきって抑揚をつけて楽しませてあげてください(くまさんでも、ぶたさんでも、ノンタンでもね)。年齢があがってくると、抑揚をつけると本に集中できなくなってよくないらしいですが、1歳未満なら、絵本で楽しもうが、読んでるパパで楽しもうがどっちでも良いですよね。

 

以上の3つ。特に上2つは初めて聞いた時は「へ~」と思った内容でした。こんなところでも赤ちゃんのことを思ってあげることって大事なんですよね。

ところで、我が家は出産祝いにたくさん絵本をもらいました。すごく助かってます。絵本って種類がとてもたくさんあるから、かぶらないし、いくら数があっても困らない。良い贈り物だなーと思った次第です。僕も機会があったら、良い絵本探して贈ってみようかな。というわけで今回は赤ちゃんに絵本を読み聞かせるという話題でした。

 

 

スクラム・アジャイル開発の知識をしっかり付けたいときに読む本

スクラムなどのアジャイル開発を題材にした本はたくさんあると思います。どんな観点の本があるのか整理して、私のおすすめも紹介します。おすすめしている本は個人的にも再読したい本になります。

 

ゼロから学びたい

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

「マスター先生」と共に学ぶアジャイルの基礎本。発売当初は、XXXXX道場という名前の読書会が頻繁に開催されました。図も豊富で文章も平易ですが、アジャイル開発を現場に導入するにはどうしたら良いかの基礎がみっちり書かれています。読むのに1日くらいかかります。

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

こちらは著者が日本の方ということで、日本の文化にもあった書きっぷりがされていると思います。「ボクくん」が初めてスクラムマスターになりプロジェクトをこなしていく様を、マンガなども利用して書かれています。読むのには半日くらいかかります。

 

スクラムを始めたけど壁に当たった

スクラム現場ガイド -スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本-

内容としてはまさに上記2冊の発展版です。スクラムを始めようとする人、始めてから1年ほどたって壁に当たってる人が想定読者。著者の経験に基づいた解決策を、「物語」→「モデル」→「成功の鍵」という構成で語っています。読むのに3~5日くらいかかります。

 

エンジニアリングはどうしたら良いの?

エクストリームプログラミング

スクラムは開発プロセスやマインドについてまとめているフレームワークです。そのためエンジニアリング(どういう手法を用いてプロダクトを作っていくのか)に関しての定義はありません。しかしながら、いままで紹介した本には参考として、本の後半にエンジニアリングについてまとめてあるものもあります。「エクストリームプログラミング」はその中でも必ずと言ってもいいほど参照される本です。テスト駆動開発や継続的インテグレーション、ペアプログラミングなどについて記載されています。読むのには半日くらいかかります。

ちなみに、さらに深堀したい人向けに、SlideShareにこんなまとめがありました。エンジニアリングの各論でお薦めの書籍についてまとめてあります。20冊くらい。
アジャイルサムライの次に読む技術書

 

見積もりの詳しいことが知りたい

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

見積もりや計画についてまとめた本。初期の計画は達成できる確度が低いという不確実性のコーンの話や、計画はたてておわりではなくメンテし続けることに意味があるといったことを示唆。スクラムで利用される計画ゲーム:プランニングポーカーの説明などもあります。読むのに3~5日くらいかかります。

 

ファシリテーション能力を向上したい

ザ・ファシリテーター

スクラムマスターとして成長するにはファシリテーション能力が欠かせません。本書の題材は組織変革ですが、ストーリーに出てくる「技」は参考になると思います。書影でご察しのとおりザ・ゴールのような物語調で書かれているため小説としてもワクワクして読めます。読むのには1日くらいかかります。

 

おわりに

今回は6冊まとめてみました。どれも良い本でおすすめ。スクラムなどのアジャイル開発に興味がある方は、GWの残りの期間で手に取ってみるのはいかがでしょうか?

離乳食を始めて1ヶ月たちました

生後5ヶ月すぎから離乳食を始めたので、1ヶ月ほど離乳食生活をしたことになります。今回もパパ目線での育児ということで、離乳食についてまとめてみます。写真は私が夜な夜なやっている離乳食作成風景。

離乳食の基本を学ぶ機会

まずは離乳食はなんぞやと学ぶ必要があります。たくさんの情報があふれているのでママとよく相談し方法(流派?)を決定します。情報を仕入れる場面としては、4ヶ月検診後の離乳食講座、行政の保健師さんの訪問時、仲良くしている助産師さん・保健師さんの情報、本、インターネット、テレビなど。どこから仕入れても良いと思いますが、夫婦二人が納得する方法(安心できる方法)を選ぶことがミソです。といってもパパはママの話をよく聞いて、合意を促す黒子に徹するべし。うちはお世話になっている保健師さんの方法を選択しました。

ちなみに、多くの人からたびたび話を聞くため知識が断片的になりがちです。ママとの対話に備えて総覧したい豆なパパには、ベネッセが出してる「離乳食大百科」という本に目を通しておくのがオススメです。

 

離乳食のスケジュール

離乳食を開始して最初の1ヶ月の我が家はだいたいこんな感じ。1ヶ月目は1日1回だけ離乳食を食べる1回食の時期です。

0週目

「お茶」や「白湯」

→離乳食を開始するにあたり、スプーンに慣れてない子の場合は、お茶や、白湯をスプーンで飲ませる練習をする。

1週目

「すり潰しおかゆ」のみ

→1日1サジからスタート、毎日+1サジ、最大10サジまで。

2〜3週目

「すり潰しおかゆ」+「裏ごし野菜」

→野菜は1品ずつ、1サジからスタート、毎日+1サジ、最大3サジまで。野菜の種類は4種類(人参、ジャガイモ、サツマイモ、かぼちゃ)

4週目

「すり潰しおかゆ10サジ」+、「裏ごし野菜3種類それぞれ3サジ」

→我が家は今ここ。

 

離乳食のポイント

離乳食を1ヶ月した反省をママとしていて、その結果をポイントとしてまとめてます。

  • 1ヶ月めは「慣れ」のフェーズ。
    • 子供にとっては、母乳、ミルク以外に慣れる。スプーンで食べることに慣れる。時間になったらヨダレを出すことに慣れる。
    • 親にとっては、子供に食事を出すことに慣れる。服とかよだれかけとかたくさんのものが汚れることに慣れる。子供がイヤイヤし出すことに慣れる。母乳育児から少しずつ離れることに慣れる。
  • 1日1日あわてず量を増やす。
    • たくさんあげたくなるところだけど、慌てない。お腹壊したりしないか、アレルギーがないかチェックしつつゆっくりと。
  • さぼり方も覚える。
    • 1週間作り置きする(製氷皿に冷凍しとくとか)。食べさせるときにレンジでチンで済むように持っていく。離乳食を作った残り(残菜)でできる大人のレシピを考えておく。
    • しんどかったらパスする。
    • マニュアルによってはいろんな種類の食材を食べさせることを書いてあるけど、やろうとすると大変。煮方のあんばいとか、解凍の方法とかノウハウが溜まりにくくなる。(失敗する回数も増えるから大変)
    • うちは、おかゆを生米から作ってたけど、大変だから途中からご飯から作る方法に変更した。
  • ママは司令塔、パパはプレイヤー。
    • ママが全体コントロール(レシピ考案、材料支持)をして、パパが手を動かす。
    • パパがおかゆ作って、ひたすらすり鉢でゴリゴリ。野菜を柔らかく煮て裏ごしする。量が少ない割に大変だから率先してやると喜んでもらえるはず。人参が大変…。
  • ママのプレッシャーを減らしはじめる時期だとパパは認識する。
    • 完全母乳の家庭だと、ママの子供に対する食のプレッシャー(ちゃんと毎日栄養のあるものを飲ませてあげなくてはならない)はとても大きいらしいです。パパは感じづらい。完全母乳の子供が母乳以外から栄養を取り始めてくれることはママにとってはプレッシャーが少し減ることになるんじゃないでしょうか。

 

来月になったら2回食のスタート。どんなレシピにするか今のうちから悩ましい。美味しいのを食べさせてあげたいな。

育児休業中に就業するという選択肢もあります(パパ向け)

前回は、男性が育児休業をとるとどんな生活をするのか?という観点で記事を書きました。今回は、「育児休業中の就業」という選択肢についてまとめておきたいと思います。実は、「育児休業で完全にお休みする」か、「育児休業を取得せずフルタイムで働く」かの2つの選択肢だけはありません。「育児休業中に就業する」という選択肢もあります。私も実践中ですので、そのメリット・デメリット等も書きたいと思います。ちなみに今回の記事の購読ターゲットはパパです。制度上、男女に区別はないですが、パパの目線から記載しています。

本記事の内容は、「育児休業制度」に関する内容です。制度に変更がある可能性もありますので、最終的な確認・最新情報については厚生労働省のHP、最寄りのハローワーク、もしくは各社の労務担当部署に問い合わせるようにしてください。

 

男性が育児休業を取得するときのジレンマ

私が育児休業を取得するときに悩んだジレンマはいくつかありました。

  1. 職場の理解が得られるか。
  2. 長期休業することによって、仕事においてけぼりにならないか。
  3. 夫婦ともに休業することによる収入減少は大丈夫か。

今回は、上記の2と3がメインです。1もとても大きな問題だと思います。男性の育休取得率が低い状況で職場の理解を得る活動(それと、言い出す勇気)は大変だと思います。このポイントについてもいつか経験を書きたいと思います。

 

仕事においてけぼりにならないか

私の場合、31歳で4ヶ月の育休を取得することにしました。この年齢で長期間休業するということは、「自分だけ仕事にのり遅れるんじゃないのか」、「復帰後に、なかなか追いつけないんじゃないか」といった不安感を持ちますよね。なんだかんだ7~8年勤め続けていた状況から、いきなり数カ月の休みをとるということは普通は勇気のいることだと思います。(そういった意味で、女性の場合は、1年以上ブランクがあく可能性もあり、より配慮がいりますね。)

 

収入減少は大丈夫か

育児休業を取得すると、「休業」ですので、会社からの給料は基本的には支給されません。そのため、夫婦ともに育休に入った場合、収入が減少するんじゃないかという心配があります。「赤ちゃんも生まれてお金が必要な時に…」という気分になりますよね。

 

育児休業中に就業するという選択肢

そこで私は「育児休業中に就業する」という選択肢を選びました。具体的には、週1日は出社するという方法をとっています。

 

《少し解決》 仕事においてけぼりにならないか

少し解決しました。出社する日を部署の定例ミーティングがある日に設定し、なるべく社内の情報収集をメインで活動するようにしました。全くおいてけぼりにならないという訳ではありませんが、ある程度のキャッチアップはでき効果は高いと思います。といっても正直週1日だけの働き方って難しいです。1週間に実働4~5時間しかない状況で何ができるのか(チームにどんな貢献ができるのか)ということは育休入る前にもっと悩んでおくべきだったと反省しています。

 

《解決》 収入減少は大丈夫か

育児休業給付金は、育休開始前賃金の67%が支給されます。そして、会社から給料を得た場合(私のように週1日分の給料を得た場合)、「会社からの給料」+「育児休業給付金」が、育休開始前賃金の最大80%まで支給されるようになります。さらに、育児休業給付金は非課税、かつ、社会保険料が免除されるため、手取りに換算すると、育休取得前の8~9割の収入が維持されます。これだけの収入が維持されれば、大抵は問題ないです。少し収入が減りますが、代わりに「飲み会」、「ランチなどの外食」がぐんと減るので支出も減少します。

今回の収入の件とは、話がずれますが、育児休業給付金の支給タイミングについては事前に把握しておくことが大事です。よく聞く話だと、育児休業給付金は、育休開始後2ヶ月後くらいから支給されるようです。タイミングによっては、夫婦ともども無給(?)期間があることになります…。生活用口座にお金が入ってないなんて悲惨なことにならないようお金の計画もして育休に入ると良いです。

 

週1日出社の副産物

(語弊を恐れず書きますし、個人の性格によるものですが、)週1日出社によって、家族3人ずーっと一緒にいるという状況からいったん抜け出せ、別のこと(仕事のこと)を考えられるのは、心の健康にとってもプラスに働いていると思います。もちろんママも同じ状況だと思いますので、今日はパパが面倒みておくから、遊んどいで!と外に出してあげることも大事ですよね。

 

参考資料

今回の記事に関連する参考資料やHPを記載しておきます。

 

男性が育児休業をとるとどんな生活をするのか?

私は今年の1月から4月末まで育児休業をとっています。すこーしずつ増えている男性の長期の育児休業ですが、事例も少ないこともあり、「育児休業をとったところで、いったい何ができるの?何か良いことあるの?」と悩んでいる人も少なくないと思います。私も育児休業をとる前は「自分は何ができるのか?、どんな役に立つのか?」ということすら良く分かりませんでした。少しでも参考になれば良いなと思い、私の育休の記録を書いておきます。なお、文中自分のことを「パパ」と書いてますが、文章を分かりやすくするためなので、ご了承を…

基本情報(どんな状況で育休とっているのか?)

2016年1~4月の4か月間の育児休業です。子供は初めての子供で、この期間で月齢3~6ヶ月の間になります。完母です。そして、妻も一緒に育児休業中です。

一日だいたいどんな生活をしているの?

とある1日の生活を円グラフに書いてみました。月齢4カ月の赤ちゃんを相手していると、育休中のパパはだいたいこんな生活パターンになります。びっくりするくらいリズミカルな(いつも同じパターンの)生活です。

図1.png

7:00~8:00 自分の時間
(妻と子供より早起きして、本読んだりします。騒げないので、テレビとかはダメ。)
8:00~10:00 朝食・家事
(朝ごはん作って食べて。洗濯など。洗濯は大人と赤ちゃんを分けてしているので、
ちょっと時間がかかる。)
10:00~12:00 散歩
(運動がてら3人で散歩。)
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 遊ぶ
(子供と遊ぶ。歌うたったり、本を読んだり。)
14:00~16:00 自分の時間
(妻と子供がお昼寝するので、自由時間。夕食のメニュー考えるとか。)
16:00~19:00 買物・夕食作り・夕食
19:00~21:00 お風呂・寝かしつけ
(寝かしつけは最近だいぶ楽になった。10分もあればすぐ寝てくれる。)
21:00~24:00 自分の時間
(仕事のこと考えたり、勉強するのがメイン。)

ポイントかなと考えていることが3つあります。

夜勤と日勤の分担で、親のストレスを減らす

夜中に授乳とおむつ替えがありますけど、この夜勤は妻の担当。めったに私は起きません。代わりに日勤の家事は私が中心となり、妻には昼寝をたくさんとってもらってます。主に活動する時間帯を分担できるので、育児・家事の負荷もお互いに低くなります。

パパが家事・育児のトレーニングして、育休後も活躍する

育休がずーっと続くわけではないので、育休が終わった後も役に立つパパでいれるよう料理の練習を頑張ってます。もともと苦手だったんですが、この3カ月続けたらけっこうコツが掴めました。完全母乳で授乳中なので、妻が+1000キロカロリー摂れるようにと、和食中心・魚中心のレシピで頑張ってます。(cookpadさいこー)

育児のトレーニングは、授乳以外(おむつ変え、スキンケア、寝かしつけ、お風呂、一緒に遊ぶ、etc)は鼻歌交じり(?)でできるくらいまで上達したかな。4月の課題は離乳食です。

自分の時間は意外に多い

赤ちゃんはけっこう長時間寝る(12~14時間)ので、意外に自分の時間が多いです。もちろん変な寝かたしてないか?とか目を離さないことは大事です。ですので、家の中でできることであれば時間が取れます。私の場合は、読書・調べもの・仕事こと夢想する、などなど。

おわりに

一日の生活パターンをパパの観点からまとめてみました。

育児休業は子供とのふれあいの時間がすごく多く取れるので、お薦めの国の施策だと思います。男性が検討しているときに少しでも役に立つ情報が展開できるようほかの観点でも記事を考えて書いてみます。

Pebble Time Roundを使い始めて4ヶ月。もう離れられない。

img_1572Pebble Time Roundを使い始めて、4ヶ月たちました。初めて買ったウェアラブルデバイスとして良かったことをまとめておきます。ベルト部分に結構使用感がでてきたなぁ。そのあたりの物理的な部分に関するコメントもしています。

 

通知機能が便利でもう離れられない!

母艦にiPhone 6 plusを利用し、手首にPebble Time Roundをはめています。ご存知の通り、iPhone 6 Plusは筐体がとても大きいです。ジーンズのポケットに入れておくと、座ったりするのにも(自転車とか乗るときにも)ちょっと気になる大きさです。そのため、普段は鞄の中に入れておくことが多いですね。それで様々な通知に気付かないということがよくありました。

このようなシチュエーションで、SMSやSNSからの通知、電話の着信が手元で見えるPebbleはすごく便利です。通知を表示するディスプレイは小さいですが、たいていの通知は、最初の1行くらいを見えたら、反応すべきか否かは分かります。特に電話の着信を見逃すことが減ったと思います。ただ問題となるのは、「余計な通知」もPebbleに届いてしまうことでした。Pebbleを持つ前は、iPhone側の通知の抑制はあまり行っていなかったこともあり、Pebbleをはめた当初はブルブルとたくさん不要な通知が来てうざかったですね。iPhone側でアプリごとに通知を抑制する必要がありました。

最近のPebbleのファームウェアアップデートで、Pebble Timeアプリ側でもこの設定ができるようになりました。iPhoneで発生した通知を、アプリごとにフィルタリングし、Pebbleに通知するかどうかという機能です。これはもう便利です。右のスクリーンショットだと、InstagramはPebbleへの通知をオフにしています。

 

通知機能で便利な連携の例

Pebbleと連携して便利だなと感じる通知は例えば次のようなものがあります。

  • SMS、LINE等の着信
  • 電話の着信
  • カレンダーに登録した予定の通知
  • Yahoo!天気の「これから雨が降りそうです」の通知
  • MESHからの通知

MESH(http://meshprj.com/jp/)は、MESHタグという小さなデバイス(例えば、人感センサーとか、温度湿度センサーとか)を組み合わせて、個人でIoTを楽しもうという仕組みです。私は、これで温度・湿度を監視して、子供(乳児)がダメな環境(アツすぎるとか)にいないかをチェックする仕組みを作ってます。といってもまだそんなに暖かくない季節なので活躍していないですけどね。

愛用しているウォッチフェイス

Pebble Time Roundにはたくさんのウォッチフェイスがあります。中には配色を変更できたり、表示する情報(日付のフォーマット、天気、歩数)をカスタマイズすることができるものもあります。いま使っているのは、Classiqueというウォッチフェイス。最初にのせた写真がそうです。アナログ時計+日・曜日+歩数の3つの情報を提示してくれます。歩数もチラ見したい(健康のために…)ですけど、時刻がしっかり見えるのが個人的には重要です。

ウォッチフェイスには、ほかにも、スーパマリオブラザーズを模したものや、スターウォーズ風のものとか、いまだとアメリカの大統領選挙(?)をイメージしたものなど本当にいろいろな種類があります。そのときどきに流行がけっこうすぐ出てくるイメージです。

良く使うアプリケーション

「通知」と「ウォッチフェイス」はとても気に入っているのですが、アプリケーションがいまいち…っていうのが僕の感想です。もっとウェアラブルデバイスを使いこなすようなアプリケーションはでてこないのかなーと待ちわびています。その中でも、便利だなと感じているのは、タイマー、活動量計、睡眠アプリの3つのアプリケーションです。

タイマー

これは別にPebbleなどのスマートウォッチじゃなくても普通の時計である機能だと思いますが…。手元にタイマーがあるのは地味に便利です。例えば、料理をしていて、コンロから離れられない場合に、タイマーを止めたい!ってときなど。手元でアラームが鳴って、手元で止められるのは便利!

活動量計

歩数計ですね。腕時計なら、iPhoneなどのスマートフォンと比較して、身に付けている時間が長いので、普段の歩数をより正確に把握することができます(自分も30歳を超えたので、そろそろ運動量を気にする年頃になりまして…)。活動量計で取得した結果は、iOSのヘルスケアアプリに連携しておけば、記録として完璧です。活動量計のアプリはいくつかある(標準のHealth、Misfitなど)と思いますが、個人的にはどれでもOK。

睡眠アプリ

Morpheuzというアプリをたまに使ってます。睡眠サイクルの記録(深い眠りは何時間?浅い眠りは何時間?)や、浅い眠りの時にアラームを鳴らしてくれる機能などがあります。毎晩、腕時計をはめて寝るのは、なんだか微妙ですが、たまにはめて睡眠の質をチェックできるのは面白いです。

その他筐体周りもなかなか良い

電池ですが、カタログスペック通りだいたい2〜3日は持ちます。電池が少なくなると、「今晩には電池が切れるよー」みたいな通知がきます。1日以上電池が持つということで、そんな不便はないですね。スマートフォンを充電するのになれているからだと思います。

見た目は文句なし。本体が薄いため、装着の違和感はありません。普通の腕時計と同じと言って差し支えないです。ただ私が買ったモデルのベルトはちゃっちいです。4ヶ月使用しただけですが、ベルトに傷がついてしまいました。ベルト幅20mmの別のベルトを用意しておいたほうが良いでしょう。

Pebbleの今後はどうなるの?

Pebble自体はだいぶ完成形に近いと思います。デバイスとしての性能アップは行われると思いますが、これ以上多機能になるようには思えないです。そこで次は、ベルトの部分に力が入るんじゃないかと思います。たとえば、Pagaré NFC Payment Smartstraps for Pebble Smartwatches(https://www.kickstarter.com/projects/fitpay/pagare-contactless-payment-smartstraps-for-pebble/description)みたいなものです。これはNFCの技術を使って、決済ができる仕組みです。日本でいう電子マネーですね。こういった仕組みが時計のベルトの部分にどんどん入ってくると便利になると思いませんか?楽しみです。

 

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在711人フォロワーがいます。