認定スクラムマスター研修に参加しました

0. 概要

Scrum Allianceが主催する「認定スクラムマスター研修」を、名古屋にて8月23~25日の3日間で受講してきました。参加者は30名ほどで、東京から出張で来ている方が多かったです。いまだに「受講する」といった表現が正しいかは………謎です。

学んだことの振り返りとして、YWTのフレームワークを使ってみようと思います(Y:やったこと、W:分かったこと、T:次にやること)。

 

1. Y:やったこと

最初に「やったこと」です。この研修は、個人でかなり捉え方が違うと思いますので、私が感じた「やったこと」になります。

  • チームが納得して選択ができる方法を考える。
  • チームでの議論を活性化する方法(アイデアが出てくる方法)を考える。
  • チームの合意形成方法を考える。
  • 上記の活動を通して、チームのメンバーとして最適な動きは何かを考える。
  • 上記の活動を通して、スクラムマスターとして最適な動きは何かを考える。
  • そのほか、スクラムの基礎。

 

2. W:分かったこと

この研修を通して分かったことを箇条書きで書きます。

  • スクラムに必要とされていることは社会人に必要なスキルの徹底化だということ。
    • 自分たちが行おうとしていることが、透明で、目的との差分が明らかで、それを縮めようとしているか。
    • 目的と手段を混同するな、など。なんだか新人研修を思い出す感じ。でもそれを徹底することがスクラムなんだなと。(現実は大勢が許容できる(さぼれる)妥協をたくさん行ってますよね)
    • 仕事のための12の基礎力を読み直してみようかなぁ。
  •  スクラムマスター(だけじゃないけど)は、チーム全体を意識しなくてはならない。森を見て、木を見る感じ。
    • チームの状態、個人の状態をおさえること
    • 議論の流れをおさえること、などなど
  • スクラムマスター(だけじゃないけど)は、常に目的が明確に捉えていなくてはならない。
    • 手段に落ちちゃダメ
    • 目的と手段を混ぜちゃダメ
  • スクラムマスターは、たくさんの「やり方」を知っていると良い。
    • 大きな枠組みだと、組織論や心理学など。
    • 細かいところだろ、打ち合わせ時に有用な小技など
    • もちろん「やり方」の目的を押さえておくことは重要
    • そもそも「スクラム」自体が「やり方」だということをおさえるべし。ウォーターフォールの目的とは…

 

3. T:次にやること

やったこと、分かったことを踏まえて、次に何をやるかを洗い出してみます。

  • 会社にフィードバックをして学んだことの定着化をはかる
    • まずは社内勉強会形式のフィードバック
    • 受託開発での取り入れ方の研究
  • 周りの人にフィードバックをして分かりやすい説明ができるようにする
    • お客さんを含めたいろいろな人へ学んだことを伝えること
  • 「やり方」の収集、収集手段の確立
    • TEDまわりから良い考え方、手法を収集してみる
    • 自分が取り組んでいない領域(組織論、心理学、など)も少し手を伸ばしてみる
  • (試験を受けれたら)試験に受かる。

 

4. 最後に

振り返ってみたけど、なんだか物足りない感じがすごくします。やはりスクラムやってなんぼですね。嫌われちゃうかもしれないけど、なるべく目的を追求することを頑張ろう。

広告

Fire HD 8を使ってノートPCにセカンドモニターを

外出先でもノートPCにセカンドモニターがほしい時があります。自宅や会社内の場合、備え付けのモニターをつなぐことができるかもしれませんが、外出した場合はそういうわけにもいきません。いざノートPC用のモバイルセカンドモニターを購入しようとすると高価なものが多いです。ざっと調べた感じ、2万円~といったとことでしょうか。その分もちろん性能も良いです。ただ、セカンドモニターに期待する用途を、ウェブブラウジングやチャットを表示するレベルにとどめれば、格安で手に入るFire HD 8を使った方法が有効です。今回はFire HD 8を使ってノートPCにセカンドモニターを接続する方法を説明したいと思います。

 

必要なもの

環境を用意するのに必要なものは次の通りです。

  • 【ハードウェア】Fire HD 8 タブレット
    • 定価で購入すると、 11,980円、Amazonプライム会員なら、7,980円(2017年8月11日現在)
    • 重さは369g
  • 【ソフトウェア】Splashtop Wired XDisplay
    • Fire HD 8とノートPCにインストールし、タブレットをセカンドモニタ化するソフトウェア。
    • 本家サイトの説明→Turn your iPad, Android tablet, Kindle or smartphone into a high performance extra monitor for your computer
  •  【ハードウェア】ノートPC
    • USBケーブルでFire HD 8に接続できる機種
    • Splashtop Wired XDisplayが対応しているOSであること
  • 【周辺機器】FireHD 8を「立てる」ことができるカバー
    • Fire HD 8 純正カバーが良いんでしょうけど、ちょっと高い。
    • 安くても立てばよいです。
    • カバー次第で縦置きもできます。

だいたい全部そろえて1万円くらいでしょうか。あたりまえですが、Fire HD 8は単独のタブレットとしても使えますので、十分なコストメリットありますね。

 

セットアップ

大まかなセットアップ手順は次の通りです。

  1. ノートPCに、Splashtop Wired XDisplayをインストールする
  2. Fire HD 8タブレットに、Splashtop Wired XDisplayをインストールする
  3. ノートPCと、Fire HD 8をUSBケーブルで接続する
  4. ノートPC側から解像度の調整をする

Splashtop Wired XDisplayはFree版がありますので、まずはFree版で稼働確認をすることをお勧めします。

 

完成形

セットアップが完了すると、このようにセカンドモニタ化が完了です。

IMG_1024

 

おすすめの用途

ソフトウェアでセカンドモニタを実現しているため、動きはもっさり感があります。あと上の写真を見てのとおり画面は小さめです。これを踏まえたうえでのおすすめの用途は、

  • SlackやChatwork等のチャットを閲覧する、操作する
  • PDFやWordのドキュメントを閲覧する
  • Webブラウンジング

なんとなく向かないのは、細かい作業(例えば、Excelの操作、PowerPointなどの図形の微調整)や、素早さを求める作業(ゲームとか?)。

 

最後に

安くて軽いセカンドモニタ環境ができて、快適!ちなみに、ここで説明したソフトウェアはiOS等にも対応しています。すでに既存のタブレット(もしくは画面が大きめのスマホ)がある方はそちらを有効活用しても良いかと思います。

組織の中での生産性向上施策の進め方(思案)

昨今、労働時間を圧縮する工夫が世の中的にたくさん検討が始まっています。会社として考えた場合、労働時間を圧縮しても付加価値は落としたくないというのが一般的考えかと思います(もちろん、ワークシェアなどの発想もあるので、労働時間の減少に伴い付加価値の減少もOKという考え方もありますが、今回の思案の対象外)。私は、会社の仕事で生産性を向上する施策を編み出すアプローチには次の2種類あると思います。(※以下で出てくる「目標」とは、労働時間は下がるが付加価値は維持される(≒生産性は向上される)という意味です。)

  1. 労働時間を削減する改善策を積み重ね、目標を達成する。
  2. 労働時間にキャップをはめ、その中で(その後で)改善策を生み出す。

私は、2がおすすめのアプローチだと思います。理由は、

  • 生産性向上の改善策は、個人のマインドに依存するので期待値通りに積み重ねられるか怪しい
  • 一般的に時間の価値観は個人によって一致しないため、1のアプローチだとふと手を抜いてしまう。
    • 例えば、時短勤務を行っている人の時間は超貴重、そうでない人は貴重と感じていない
    • お金(たとえば自分のお小遣い)と残業時間を比較したときに、どちらの管理のほうをちゃんと行っているか
  • 改善策は兎に角たくさんあるので、いちいち洗い出し積み重ねていては効率が悪い
    • 例えば、週中の飲み会では飲みすぎない案、とか。
    • 集中力が切れたら会社の周りの散歩する案、とか。

2のアプローチで成功している事例って何かないか考えてみましたが、例えば次にあげるものって成功している事例だと思います。

  • 1ヶ月のお小遣いが3万円と決まっている。この範囲で有効活用するかを常に考えられているお父さん。
  • カラオケ2時間で、いかに全員が楽しめるかで選曲している学生。
  • 役員と打ち合わせする機会ができたが、時間は30分しかない。アジェンダ作ったり、事前ネゴしたり、その短い時間を最大限活用する工夫。

こう考えるとまずキャップをはめる方法って効果ありそう。そこで、これを組織で進めようとする。すると、配慮や考慮しなくてはいけないことがいろいろ出てきます。たとえば、

  • 全員がキャップをはめないと、「私は帰れないのに、なぜ早く帰ってるの?」という不満が出る
  • 余裕をもって働きたいから、残業時間はXX時間までは許容してほしい

など。ゴールは残業時間を減らすことではなくて、生産性を向上することなんですよね。その目的を共有できていないとこういったことが起こってしまうと思います。

一番最初に上げたアプローチ2を達成することが、スタートラインでベースライン。そこから(残業ゼロ、有給全取得したうえで)生産性を2倍、3倍に継続的に上昇させいくことが、いま世の中的に求められていくことなんだろうなと思っています。頑張って考えよう。

参考になる書籍

ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

DevLOVE関西「現場を前進させる若者たちの話」に参加しました

0. 前置き

第136回のDevLOVE関西のテーマは「現場を前進させる若者たちの話」でした。当初想像していたより多くの学びがあったため、記録を残しておきます。

※今回は初めての試みとして、自分が所属する会社のスペースを提供して開催していただきました。

 

1. やったこと

日時・場所 2017/05/15 19:30~21:30 @ISID関西支社
テーマ 現場を前進させる若者たちの話
参加者 30名弱
形式 ・若手4名のプレゼンテーション
・発表内容を題材にしたダイアログ

関西地域のIT企業4社の若手(20代中盤くらい?)が、ご自身でテーマ設定をしてプレゼンテーションをしてくださいました。現場で苦労していること、挑戦していること、仕事を楽しくさせようとしていること、などなど。四者四様の発表内容。それぞれ発表タイトルと、一言コメントを書きます。

ISID岡本さん ワークスタイル変革(フリーアドレス)に貢献した話

・ワークスタイル変革を題材に自身がどう会社へ貢献できたか。何を苦労したか。
・若手としての経営へのアプローチ(関与)の仕方。

TAM川野さん 鎖国から民主主義になって見えてきたこと

・前職から、現職に転職し、見える景色が変わった話。
・前職と現職をdiffることにより、その差を自分の成長の糧にできる。

TIS森川さん 仕事を楽しくために心がけている3つのこと

・労働時間は人生の3割、そこをどう楽しめるようにするか。現場を活性化するためにした3つ(?)の活動。
-心理的安全性を確保する。
-インプットとアウトプットの量を増やす。
-その両者のバランスが重要。

ロックオン岡嶋さん やりたがりの新人エンジニアが初の主担当案件を「燃やさず」に学んだ事

・1~2年めのときに新規案件に挑戦した話。
・周りの力を借りれば、できないこともできる。
・やりたいことに挑戦すべき。大変でもそのときに得られるものは大きいはず。

 

2. 学んだこと(気付いたこと)

プレゼンと、その後のダイアログ、その後の反省会(飲み会)で、学んだことが4つありました。もともとの参加理由が「若手の教育」的な目線(期待効果)であったのが正直なとこですが、結果、得られたことはもっと多かったです。

若手にとって(これが、私の当初期待)は、
・自分と同じ苦しみを味わっている人に出会うことがきる。
→ 「他の人も苦しんでるんだ。がんばろ。」といった励みになる。
・同い年のすごさに触れることができる。
→ 「あの人にできるなら、私にももう少し背伸びができるかも」といったモチベーションアップ。

中堅にとって(こちらは参加した後の気付き)は、
・中堅も話を聞き、初心に帰ることができた。
→ 若い人が苦労していることは、社会人(エンジニア)として、大切にしなくてはいけないこと(大事な基礎。それを改めて気付くことができた。たぶん、苦労しているストーリーと一緒に教訓が出てきたので、響いたんだと思う。
・若手をどう育成するか悩むことができた。
→ 悩みを抱えている若手の考えに触れることができて、じゃあ、その悩み、どう解決できるんだろ。本人が伸ばすところをどうサポートできるんだろと思いを馳せることができた。

 

3. 最後に

総じてとても良い会でした。社内だけでやったとしても得られない、微妙な距離感からの不思議な刺激があったと思いました。第2回もいつか開催したいです。

172640

「自分の生産性と組織の生産性を向上するための8つの習慣」に参加しました

0. 前置き

DevLove関西にRochelle Koppさん(日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?の著者)がいらっしゃって、「自分の生産性と組織の生産性を向上するための8つの習慣」というお題目で、ワークショップを開いてくださいました。自分自身と組織の生産性をどう向上していくかを考える良いワークショップでしたので特に感じたことを記録に残しておきます。

 

1. やったこと

日時・場所 2017/03/25 13:30~17:30 @DevLove関西
テーマ 自分の生産性と組織の生産性を向上するための8つの習慣
参加者 60名程度
形式 8つの習慣に関する講義、1チーム4~5名のグループワーク
URL(講義資料) https://www.slideshare.net/rochellekopp/devlove2017325
URL(募集サイト) https://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/58339

ワークショップのテーマ

日本人文化研究でコンサルタントのRochelle Koppさんと、マイクロソフトの牛尾さんが考案した、組織へ新技術・高い生産性を実現するためのプロセスを導入するために必要となる8つの習慣について座学と、参加者が所属する組織でどんなアクションが取れるか議論した勉強会でした。

 

2. 学んだこと(気付いたこと)

テーマにも書きましたが、「新しい挑戦を踏み出すための一歩を誰がどのように踏み出すのか、その勢いの裏付けを準備する」ということがポイントでした。以下、グループワーク(他のグループの意見も含む)で特に気に入ったキーワードをメモします。

ルールに賞味期限をつける

ルール(定例的な打ち合わせも同義かと)は、何かイケナイことがあると増えます。組織が成長すればどんどん増えていく性質のものです。ルールのおかげで人も成長していくことを期待すると、効果が浸透したあたりで廃止されるような賞味期限を設けようという考えです。

メンバー(部下)を理解する深さ

精神的な面でどの深さまで立ち入って理解すべきか。入り込みすぎては、例えばマイクロマネジメントになってしまうことも危惧。コミュニケーションの基礎かもしれませんが、心地の良いお互いの知り方ってあるのではないかと思います。

Fail Fastの浸透の仕方

Fail Fastが浸透しづらいのは、失敗した場合の成果が定義されていないからという議論がありました。成功したらこんな成果はあるよねという話はしますが、失敗したらこうなるよね、失敗してもこんな学びが想定できるよねっていうことを事前にもっと会話できるのでは。失敗しても学びがあるのなら、これくらいの投資はいける、といった判断もあると思います。

自立のための(依存しないための)気持ち作り

少し極端ですが、今の仕事を辞めてフラーランサーになったとしても働いていけるかとイメージをしてみる。一人で稼げるイメージがないということはどこかに依存がある。

 

3. 最後に

懇親会に出てさらに議論しましたが、「文化のインストール」が、難しいのは当たり前。様々な手(外部の人、内部のチェンジエージェント)をうって、多くの人で努力することで実現できるものですよね。私も現場で疑問に思うことにはちょっとずつ手をうっていこうと思います。

最後にこの勉強会で出たアイデアをお見せします。壁一面のポストイット!この一割でも実行されると変化が起きそう。

「エミー&ゼニーの世界を体験しよう!」を受講しました

0. 前置き

3×3ラボにて、「エミー&ゼニーの世界を体験しよう!-人を幸せにするおカネを感じるワークショップ-」というお金に関するワークショップに参加してきました。個人的に学びが多いワークショップだったため、参加記録というか、感じたことを残しておきます。

 

1. やったこと

日時・場所 2017/03/15 18:30~22:00 @3×3 lab Future
テーマ エミー&ゼニーの世界を体験しよう!-人を幸せにするおカネを感じるワークショップ-
参加者 40名程度
形式 1チーム6~7名のグループワーク方式
URL http://www.ecozzeria.jp/events/special/emyzeny.html

ワークショップのテーマ

上記記載のURLリンク先が詳しいですが、テーマは「お金(ゼニー)」と「感謝・被感謝(エミー)」です。グループワークにて、各チームは商店街の商店を切り盛りする役になるわけですが、経済として「ゼニー」、もしくは、「エミー」どちらかが流通する世界を作るわけです。参加者は流通するものによって商店街がどう変化するを体験します。ちなみに「ゼニー」が流通するとは、僕らの普段の生活と全く同じです(ものをお金で買う)。「エミー」が流通するとは、お金ではなく、感謝:「ありがとうの気持ち」によって成り立つ世界観になります。

 

2. 学んだこと(気付いたこと)

2つありました。

1つめは、「ゼニー」と「エミー」の価値の見え方の違い。「ゼニー」(ようはお金)は偉大です。ワークショップでは仮想的な通貨の単位を使って取引するのですが、あっという間に商店街でのその価値は共通認識となりました。「XXはYYゼニー程度かな。品薄だからちょっと高めに。」など。改めて気づいた貨幣のすごさです。いっぽう「エミー」(「ありがとう」という感謝の気持ち)は、バリエーションが豊か。相手がどうしたら喜んでくれるかに注目するため、コミュニケーションする相手ごとにもちろん価値は違うし、状況によっても異なります。「エミー」を正しく理解する(利用する)には、「ゼニー」と比べてコミュニケーションがより重要になってくる。

2つめ、普段の生活での「エミー」。「エミー」は、意識してみると、普段の生活でもそれなりに流通(?)していますよね。思いついたものを書いてみます。

  • バスの乗車       : 運賃(ゼニー)+バスを降りるときの「ありがとう」(エミー)
  • 地場の商店街での買い物 : 商品のお代(ゼニー)+お店の人との雑談(エミー)
  • Amazonでの買い物   : 全部ゼニー
  • 娘とのやりとり     : 全部エミー(娘のエミー量は半端ない)

エミーはどれだけ使って(もらって)いるのかはお金のようには分からないですが、いろいろな場面で現れていますよ(7つの習慣に出てくる「信頼口座(残高)」的なところに貯められているんですかね)。このワークショップを通して普段の生活の「エミー」に気づくことができました。私からも、もう少し流通させてみようかなーと思いました。お金だけのやりとりよりか、ひょっとしたら何かが変わるかもしれないです。

 

3. 最後に

普段よく参加するIT系の勉強会と違い、参加されている方の職種(金融関連の人が多い)も様々で、純粋な会話も、意見交換も楽しかったです。組んだチームも良いメンバーに恵まれ、ワークショップの内容的にもメンバー的にもとても充実したワークショップでした。最後に!我が商店が開発した作品を掲載して終わりにしようかと思います。まだこれからも全国各地で開催されていくようなのでぜひ参加してみてください。

17342997_1327134200665948_1144013197696382422_n

 

 

Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2017 資料まとめ

2017年1月12~13日にかけて、Regional SCRUM GATHERING Tokyoというスクラムのイベントが開催されました。資料もだんだん公開されてきているので、参加できなかった人のために、まとめておこうと思います(私も参加できていないですけどね…)。当日のアジェンダが不明なので、セッション順は順不同です。キーノートの混ざっていると思います。

資料一覧

結果的にスクラムになってる!なのがいいと思う!
by Mitsuyuki Shiiba

【資料公開】スクラムの落とし穴
by @ryuzee

エンジニアの技術力評価は難しい? – 5年間運用してきた技術力評価制度の改善の歴史
by KOGA Masanori

個人プレイからチームプレイへと 変革する組織
by Tomonari Nakamura

Scrum / DevOpsの導入を加速するグローバルマインドセット
by Tusyoshi Ushio, Rochelle Kopp

シン・未来会議 -スクラムを支える組織づくり-
by TAKAKING22

アジャイルカルチャーが組織に根付くまでの挑戦
by @yohhatu

スケールアップする組織における LeSS実践と継続的改善手法
by nabechi

缶詰屋さんの課題解決にスクラムを使ってみた
by Toshiyuki Ohtomo

日経電子版 穴のあいたバケツ開発[加筆・修正版]
by Taishi Takeichi

アジャイルメトリクス実践ガイド
by 伊藤 宏幸

Growing Agile Practice
by Rachel Davies

つらい問題に出会ったら
by Takahiro Kaihara

Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
by Kiro Harada

資料を追加で発見次第、更新していきます。