スクラム・アジャイル開発の知識をしっかり付けたいときに読む本

スクラムなどのアジャイル開発を題材にした本はたくさんあると思います。どんな観点の本があるのか整理して、私のおすすめも紹介します。おすすめしている本は個人的にも再読したい本になります。

 

ゼロから学びたい

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

「マスター先生」と共に学ぶアジャイルの基礎本。発売当初は、XXXXX道場という名前の読書会が頻繁に開催されました。図も豊富で文章も平易ですが、アジャイル開発を現場に導入するにはどうしたら良いかの基礎がみっちり書かれています。読むのに1日くらいかかります。

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

こちらは著者が日本の方ということで、日本の文化にもあった書きっぷりがされていると思います。「ボクくん」が初めてスクラムマスターになりプロジェクトをこなしていく様を、マンガなども利用して書かれています。読むのには半日くらいかかります。

 

スクラムを始めたけど壁に当たった

スクラム現場ガイド -スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本-

内容としてはまさに上記2冊の発展版です。スクラムを始めようとする人、始めてから1年ほどたって壁に当たってる人が想定読者。著者の経験に基づいた解決策を、「物語」→「モデル」→「成功の鍵」という構成で語っています。読むのに3~5日くらいかかります。

 

エンジニアリングはどうしたら良いの?

エクストリームプログラミング

スクラムは開発プロセスやマインドについてまとめているフレームワークです。そのためエンジニアリング(どういう手法を用いてプロダクトを作っていくのか)に関しての定義はありません。しかしながら、いままで紹介した本には参考として、本の後半にエンジニアリングについてまとめてあるものもあります。「エクストリームプログラミング」はその中でも必ずと言ってもいいほど参照される本です。テスト駆動開発や継続的インテグレーション、ペアプログラミングなどについて記載されています。読むのには半日くらいかかります。

ちなみに、さらに深堀したい人向けに、SlideShareにこんなまとめがありました。エンジニアリングの各論でお薦めの書籍についてまとめてあります。20冊くらい。
アジャイルサムライの次に読む技術書

 

見積もりの詳しいことが知りたい

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

見積もりや計画についてまとめた本。初期の計画は達成できる確度が低いという不確実性のコーンの話や、計画はたてておわりではなくメンテし続けることに意味があるといったことを示唆。スクラムで利用される計画ゲーム:プランニングポーカーの説明などもあります。読むのに3~5日くらいかかります。

 

ファシリテーション能力を向上したい

ザ・ファシリテーター

スクラムマスターとして成長するにはファシリテーション能力が欠かせません。本書の題材は組織変革ですが、ストーリーに出てくる「技」は参考になると思います。書影でご察しのとおりザ・ゴールのような物語調で書かれているため小説としてもワクワクして読めます。読むのには1日くらいかかります。

 

おわりに

今回は6冊まとめてみました。どれも良い本でおすすめ。スクラムなどのアジャイル開発に興味がある方は、GWの残りの期間で手に取ってみるのはいかがでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。