Teal組織をABDで読みました

 

いま流行りの「Teal組織~マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」を、これまた流行りのABD(Active Book Dialogue)で読むということに挑戦しました。以前からとても期待した読書方法だったのですが、その期待通りの結果が得られ、とても満足しています。ぜひ広まって欲しいので、私が体験したABDを記録に残したいと思います。

 

Active Book Dialogueとは?

Active Book Dialogue、略してABDと読みます。およそ1年前の2017年春にアクティブ・ブック・ダイアローグ協会が発明した読書法とのことです。ポイントをあげると、「事前の準備なしで、大人数で分担し、数時間で要約し、共有することによって、分厚い本を読破する」といった手法です。実は具体的なマニュアルも前述の協会にて無料で公開されています(http://www.abd-abd.com/)。

 

Teal組織とは?

2018年1月に邦訳版が出版された、次世代の進化型組織(ティール)に関する書籍です。内容としては、

  • これまでの組織の進化の歴史
  • 進化型組織の事例
  • 理想的なプラクティスやツール
  • 進化型組織を作るために我々はどうしたら良いか

といったテーマでまとめられています。いまふと検索して気づいたんですが、「ティール」とは邦訳すると「鴨の羽(かものは)色」なんですね。だから本の表紙もあの色だったんだ。ページ数は592頁。一人で読むには相当大変な部類です。

 

Teal組織をABDでどうやって読んだの?

今回は25名(うち1名はファシリテータ兼務)でABDを実践しました。

 

0. 準備(開始前まで)

ABDを実施する前には、こんな段取りが必要です。

  • (運営側)集客
    • 対象の書籍の総ページ数から算出して、一人20~30頁分ほどが担当になるようメンバーを集めます。
  • (運営側)本の準備
    • 本を参加者の人数に合わせて、分割します。目次で区切ったり、章で区切ったり、します。
    • 物理的に本を裁断して用意する場合もあれば、参加者に本を持ち寄ってもらいページでくぎって共有するという方法もあります。
  • (参加者)心の準備
    • 特に何も準備しなくてよいです。
    • 本を事前に読む必要は本当にないです。
    • あと、ABDも分かりやすい手法なので予習不要です。

 

1. チェックイン(00:00~00:30)

ABDを実施するグループのコミュニケーションがよくなるように、場の準備体操をします。

  • 自己紹介
  • アイスブレイク
  • 対象の書籍の共有と、参加者が担当する箇所の共有
  • 会場のルール、進め方の確認

 

2. メイン(00:30~03:45)

ABDのメインどころです。参加者は担当範囲を読書し、まとめ(コ・サマライズ)、共有(リレー・プレゼン)、対話(ダイアログ)の順に進んでいきます。

  • コ・サマライズ(60分)
    • 担当する20~30頁の範囲を個人で読み進めます。
    • 読み進めつつ、B5用紙最大6枚ほどに要約文を作ります。
    • 紙にまとめた要約文に基づいて、のちほど全員の前で共有(リレー・プレゼン)するため、文字は大きく書くのがこつです。
    • 自分の前後の担当は気にせず、とにかく担当のページを深く理解すればよいです。
    • 他の参加者へちゃんと伝えなくてはいけないという、心地よい緊張感をもって読書ができます。
  • リレー・プレゼン(3分×参加者、90分)
    • コ・サマライズした紙を壁一面に貼ります。壮観です(後載)。
    • 一人3分間を制限時間で、担当した箇所をプレゼンします。
    • この時、自分の担当範囲より前の人の内容を聞いていると、「自分の担当の章の位置づけはこうだったのか!」と気付き、コ・サマライズしていたときのちょっとしたモヤモヤ感が解消していきます。
  • ダイアログとギャラリーウォーク(45分)
    • コ・サマライズとリレー・プレゼンで読破した1冊についてダイアログで理解を深めます。
    • 方式はどのようにしてもOK。円座で会話しても良いし、グループを作り共有しても良い。
    • 対象の本の深堀りも良いですし、周辺分野の知識を披露・共有しても良い。多くの方が参加していると様々な観点で話ができるためとても贅沢な時間です。
    • 最後に、壁に貼ってあるコ・サマライズをゆっくり見て回りましょう。

ギャラリーの様子

IMG-2510

 

3. クロージング(03:45~04:00)

今回のABDを振り返ります。3名くらいのグループで感想を共有するのがよさそうです。最後に後片付けと会場の原状復帰をしておしまいです。

 

今回のABDはどうだったか?

流れは上で説明したような進め方でした。準備は本当に要らないのか?という最初の不安はあっさり裏切られました。コ・サマライズで挑戦するのは30頁ほどであるため、それさえ読めて要約できればOKです。書籍の前提知識も不要でした。

次に書籍に対する理解はどうか?この4時間ほどの時間で、600頁弱の書籍を大まかながら理解することができました。普段一人で読んだ場合と比べて短時間で書籍の要点を見ることができるため、肝心な部分の理解が深くなると感じました。ただどうしても細かい事例や、ちょっとした用語の定義はコ・サマライズの段階で省かれてしまう場合が多いようです(私もいくつか初出の言葉の定義を省いていたことに、リレー・プレゼン中に気づきました)。隅々まで理解するためにはじっくり時間をかけて読む方法をとる必要がありそうです。ただ、ビジネス書の類の本の読み方(理解の深さ)としてはABDはちょうど良いと感じました。とくにちょっとしたブームとなった本の場合、参加者を集めやすいという側面もあると思います。

最後にABDでそれほど期待していなかったが良かった点として、ダイアログでの話の広がりかたです。参加者のバックグラウンドやメンバーの多様性によってダイアログの質は変わってくると思いますが、リレー・プレゼンで何度も出てきた考え方を深堀できたり、別の書籍でも言及していると教えてもらえたり、または自分の現場での経験など、多岐に渡る議論ができると思います。

 

今後どうしようかな?

実践方法は簡単なのに効果があって楽しいという素敵な読書法でした。問題は良い書籍が選べられるか?と、多様なメンバーを集められるか?ですね。ぜひ自分の周りでも実践してみようと思います。

 

広告

【書評】世界をまどわせた地図

「世界をまどわせた地図 ~伝説と誤解が生んだ冒険の物語~」を読みましたので、書評を書いてみたいと思います。書評自体初めて書くので何を書くかも整理しながらになります。

 

本との出会い

読書会の時に本との出会いが大事ということを教えてもらいました。なぜ手に取ったか、だれに紹介してもらったか、なぜ読もうと思ったか、などです。この本は会社の近くの本屋でジャケットとタイトルにひかれて手にとりました。男子受けを狙ったこの装丁、素敵です。ただ、図鑑のような本なのでそれなりに重く、結局Amazonで購入して手に入れた形です。

 

読書の概要

出会いのところに書いた通り、本書は図鑑のような大きさがあるので、持ち運びには適しません。そのため自宅に置いて少しずつ読み進めました。合計6~7時間くらいかかった感じ。

おすすめ:★★★★☆ (星4つ!)

 

内容と感想

この本に紹介されている、島、大陸、海路、山、川などはすべて実際には存在しないものばかりです。存在しない島などが描かれた古地図を例にとり、なぜ世界を惑わせてしまったかを解説していきます。

この本を読んでいると地図が持つ不確かさがとても面白くなってきます。特に中世・近世の地図は、探検家が十分調べた土地はとても細かく描写されており、未開の地についてはとても曖昧な、そして、そこには色々な想いがつまった地図が描かれます。想いの半分くらいはお金や名誉といった欲望のようにも感じました。中世の探検家は、探検するための資金の援助が欠かせなかったようです。スポンサーから十分な資金を得るために、例えば、以前の探検を少し脚色したりします。あたかも、黄金にあふれる都市がありそうなことや、海路で遭遇した肥沃な大地がありそうな島、砂漠の中の貴重な水など、スポンサーがお金を出して見つけたくなるようなものをレポートに盛ってしまうんですね。それ以外にも、あまりにも長期間の旅の末、「絶対ここに島があるはずだ」という気持ちから蜃気楼が本物の島のように見えてしまい、それが地図にプロットされることも多かったようです。あとびっくりしたのは本当にただのペテンで描かれるものもいくつもあったことです。

こういった不確かな情報に基づいて、中世の様々な学者が地図を書きます。著名な学者が書いた地図が転記され、また情報が追加されていくと、もとは同じ情報にも関わらず、複数の地図に同じ「まぼろし」が現れるようになります。複数の違う地図で同じ「まおろし」が現れると、それはもう現実にしか見えなくなってしまうのはよく分かります。

そういった「まぼろし」は時代とともに、航海術や測量法などが発達することにより、徐々に本物と偽物に分けられていったそうです。さらに現代では衛星からの写真でより精緻に見分けられるようになりました。そんな現在でも地図にはまだ多くの誤りが含まれているようです(中には「まぼろしの島」がまだ残っているそうな)。ただ、地図に誤りがあるっていうのは直感的には分かる気がします。カーナビで更新されてない地図って、道があったり、なかったり、しますよね。昔のように欲望で地図が作られるようなことは今はないかもしれませんが、地図って人の手が加わり変化するという魅力があるんだなと再認識した次第です。

最後になりましたが、本書の魅力はなんといってもたくさん出てくる古地図とその解説です。古地図の端にある日本がどんな形になっているか(昔の地図の中心はヨーロッパですから)、航海士がどういうルートで探検したかなど地図を見ながら(Googleマップと比較しながら)思いをはせるのはとても面白かったです。

 

 

 

 

本を手に入れる技術

私も結構読書が好きです。読みたい本がたくさんあるので、「本の読み方」や「速読法(できませんが…)」といった記事は興味があります。私も同じテーマでブログを書いてみたいのですが、あまり本を読む技術自体には長けていないので、「本を手に入れる技術」といったテーマで書いてみようと思います。本を手に入れる方法は書店や、Amazonだけではないです。「リードタイム(手に入れられるまでの時間)」、「価格(お小遣い制はコレ重要)」、「在庫(本を置いているか)」の3つの観点で整理してみます。取得する書籍は、小説、IT技術書、一般ビジネス書あたりを想定しています。

1.図書館(大都市)

リードタイム 1週間~1ヶ月 価格 無料 在庫 多い

最初の手段は、大都市にある図書館です。私の場合、大阪府立図書館をよく利用します。Webで貸し出し予約をし、本が到着したら受け取りに行くという流れです。書籍の人気度によりリードタイムが変わりますが、とにかく無料!そして大型の図書館は在庫が多いので重宝します。大都市の図書館のメリットは、Webでの貸し出し予約が充実している、複数図書館が連携しているため、在庫が多く、取り寄せも楽。特に東京都の区立図書館連合の充実度はハンパないです。一番重大なデメリットは、人気の本は予約待ちが数カ月という場合もざらにあるというところでしょうか。

2.ネット書籍販売(Amazon,楽天ブックス/紙の書籍)

リードタイム 1~2日 価格 定価 在庫 最高

新品の書籍を買う最もポピュラーな方法。「ぽちっとな」としたら、翌日には届きますよね。在庫はほぼ完ぺき。Amazonは中古の書籍も取り扱っていますが、基本的に1冊ずつ送料がかかるため、最低260円くらいは必要です(書籍本体は1円なのに)。

3.ネット書籍販売(Kindle,楽天kobo/電子書籍)

リードタイム 数分 価格 定価よりやや安い 在庫 悪い

今のところこれより早く書籍を手に入れられる方法はありません。電子書籍リーダーを持っていなくても、スマートフォンがあれば購入後すぐに本を読み始めることができます。電子書籍の場合は、小説はおすすめ。技術書は少し読みづらいかな(簡単にページを戻ったりできないので)。在庫は悪い。特に古めの書籍は電子化されていない場合が多いです。なお電子書籍リーダーを利用する場合、AmazonであればAmazon Kindle、楽天ブックスであればKobo Glo HDなどですかね。

4.ネット書籍販売(ブックオフオンライン等中古書籍販売)

リードタイム 2日~1週間 価格 安い 在庫 中程度

Amazonで中古書籍を買うくらいなら、ブックオフオンラインで購入したほうが良いと思っています。1冊は最低100円程度ですが、購入金額が1500円以上になると、送料無料となるため、多く本を買う場合はこちらのほうが断然安い。例えばブックオフオンラインで1冊100円、Amazonで1冊1円の本を15冊買うと…ブックオフオンラインは1,500円。Amazonは、4,000円近くします。

5.借りる(友達、会社の置き本コーナー)

リードタイム 場合による 価格 場合による 在庫 場合による

友達や、会社の同僚に本を借りるという手段です。趣味が合っていたり、興味とすることが同じだったりして、自分で調べるときには出会わない書籍に出会える可能性が大きいです。よく本を読む人とたまに情報交換すると良いと思います。

6.本屋

リードタイム 数十分 価格 定価 在庫

私の場合、本屋は「何かないかなー」という探検で使う場合が多いです。欲しい本が決まっている場合は、ほかの手段を使います。大きめの本屋をぶらぶらしながら、出会いを求めに行くイメージですね。蛇足ですが、本屋のメリットとして、「紙のブックカバーをつけてくれる、栞をつけてくれる」というのがあります。軽く読む気分のときには大事。

7.献本

リードタイム マイナス(出版前にいただける?) 価格 場合による 在庫 場合による

高等テクニックですね。その業界のスペシャリストであれば可能なのかもしれないです。

8.社費での購入

リードタイム 2日~1週間 価格 無料(個人負担という意味で) 在庫 最高

業務に必要な書籍であれば、会社のお金で本を購入することもできますね。特にまぁまぁ専門レベルが高いIT書(特に鈍器本と呼ばれているような類)は、価格も高いので、仕事に有用であれば会社の資産として購入してしまうのも手だと思います。

だいたいこんなところでしょうか。他に良い「本を手に入れる技術」をご存知の方がいらしたら、ぜひご紹介ください!

2016/12/28 update
facebookでアドバイスいただいたので、7番、8番を追加しました。

2月の読書記録

今月の読書

2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1317ページ
2014年2月の読書メーター

読んだ本

■インフェルノ (下) (海外文学)
こちらも上と同じく読了!ダウンブラウン大好きだから、楽しかった。
読了日:2月1日 著者:ダン・ブラウン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35309084

■NISAではじめる! 将来に備える資産形成術
ちゃんと資産形成の本を読んだのは初めて。勉強になりました。早くNISAの準備が完了しないかな。それとNISAが万能じゃないってことを知れたのも良かった。
読了日:2月4日 著者:田中秀一郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35415869

■現代倫理学入門 (講談社学術文庫)
教養として読んだけど、ちょっとむずい。功利主義とかそうゆうのの基礎知識をもう少し身につけなくては。
読了日:2月7日 著者:加藤尚武
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35501538

■中国語検定 HSK 公認 テキスト 2級 CD付
HSKについて体系的に勉強できる。CDのトラックの切り方(?)が、もう少し細かいと勉強しやすかった。2週目やらなくては。
読了日:2月16日 著者:宮岸雄介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35746506

■Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか
遅くなりましたが、読了。HRT(謙虚(Humility)、尊敬(Respect)、信頼(Trust))が大事だってことは心に焼き付けよう。
読了日:2月23日 著者:BrianW.Fitzpatrick,BenCollins-Sussman
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35913772

ひとこと

2月から中国語の勉強をやりつつ、資産形成とかどうしよーと思いつつ、技術の本を読まなくては。
って思ってたら、上のような書籍構成になりました。バランスはいいけど、もう少し読みたいな。
3月もがんばろ。

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

▼1月の読書記録
https://84zume.wordpress.com/2014/02/02/books-2014-jan/

1月の読書記録

今月の読書

読書メーターというサービスを使って読んだ本の管理をしているのですが、なんとマンスリーでレポート作ってくれるみたい。それをもとに今月(1月)の読書をブログに記録してみます。

2014年1月の読書メーター

読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1053ページ

読んだ本

■学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
学習のことだけでない。日本人の生き方とか、誇りとか、そうゆうことにも言及。たぶんことあるごとに再読する態度が重要。読みだしたきっかけは他の書籍からの引用があったので。
読了日:1月7日 著者:福澤諭吉
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34712732

■世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
面白い試み。すごく平易な文章で、問題解決の手法について書いてある。
読了日:1月9日 著者:渡辺健介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34712774

■プレゼンテーション・パターン: 創造を誘発する表現のヒント (パターン・ランゲージ・ブックス)
良い本。プレゼンを準備する時のチェックリストになる。前書きにも書いてあるけど、自分のプレゼンを型にはめるという使い方ではなく、「このパターンを適用してさらにしっかりしたプレゼンにしよう」という使い方ができる。
読了日:1月17日 著者:井庭崇,井庭研究室
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34900543

■リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
やっと読了。全体的に素晴らしい本だけど、特に第二部の説明が分かりやすい。リーン、スクラム、XPの関係がすっきりする。
読了日:1月21日 著者:HenrikKniberg
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35013832

■インフェルノ (上) (海外文学)
読了!面白かった。イタリアにもトルコにも行きたくなるし、神曲も読みたくなる。さすが、ダン・ブラウン!
読了日:1月28日 著者:ダン・ブラウン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35309074

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/