AWSを監視する

Amazon Web Servicesについて、少しずつ勉強をしています。
仲間内で勉強会を開いていますが、今回の私の宿題はAWSにおける監視についてです。
AWS…にしてもサービスはたくさんあるし、
監視…にしてもたくさんの監視対象(目的)があるので、
絞って調べようかと。

今回は、AWS EC2の死活監視とEC2のパフォーマンス監視について調べます。
(その他のサービスやEC2上に載るアプリの監視は対象外とします。)
では、早速。

1.Amazon CloudWatch

AWSが提供するモニタリングサービスからいきます。
昨年末、こんな発表があったばかりです。きっと熱いサービス。

【AWS発表】 Amazon CloudWatchが基本監視機能の無料化をはじめ、アラーム機能、スケジュール機能など大幅に機能強化

まずは使ってみました。後述しますが、短間隔のモニタリング機能を有料で利用しています。

インスタンスを選択して、Monitoringタグをクリックするとこんな感じ。
ぱっとでる監視項目は少ないですね。

Avg CPU Utilizationのグラフをクリックするとこんな感じ。

概要をまとめます。

  • CloudWatchが監視できるサービスは、EC2、RDS、ELB、EBS。
  • 無料でモニタリングサービスを利用できる。
  • Detailed Monitoring (より短い1分間隔の監視)には1インスタンス1時間あたり$0.015かかる。
  • EC2の監視項目は、CPU利用率、ディスクI/O、ネットワークI/O。
  • 測定でききる指標の詳細はこちらのユーザーガイドを参照してください。
  • 追加のソフトウェアは不要で、AWS Management Consoleから測定結果を確認することができる。
  • もちろんAPIも提供されています。
  • ELBと連携することにより、柔軟なAutoScalingを提供。
  • SNS(Simple Notification Service)を利用して、アラート・通知サービスを提供。

ここまで調べて、ふっ…と気づいたんですが、CloudWatchというメニューがConsoleにありました。
こちらは、監視項目に対する閾値の設定や、それに伴うSNS利用の設定、インスタンスを集約した監視画面の提供を行っています。
多くのインスタンスを監視するなら、こちらを使うのが良さそうです。
スクリーンショットはこんな感じ。

2.おわりに

だいたい雰囲気はつかめました。
本当はもう少しいろいろな外部サービスも探したいのですが、それは今後の課題ということで。
以下にまとめておきます。


Webサービス
RightScale
Cloudkick

監視ソフトウェア
…なんでもある。
・Hyperic HQ
・Opsview
・ZABBIX

そのうちぼちぼち調べます。
今日はここまで。