DotNetZipとASP.NET MVC

0.前置き

Webアプリを作るときにサーバーサイドで複数のファイルをZip化させるにはどんな手段があるのかなってことを調べてました。
.NET標準のクラスでZip化するもの(System.IO.Compression.GZipStream, System.IO.Packaging.ZipPackage)
もあるのですが、複数ファイルをまとめる(アーカイブする)機能を実現するのはちょっとめんどくさそうです。
そこで今回はDotNetZipというライブラリーを使ってみることにしました。
サンプルはASP.NET MVCでWebアプリケーンションにしました。

1.DotNetZipの紹介

DotNetZipは、Ms-PLで公開されているZipを扱うライブラリーです。
とにかくなんでもできるとCodePlexでは言っておられます。
CodePlexのサイトはこちら

2.インストール

Nugetでインストールできます。
CodePlexからはサンプルアプリケーションが一緒に入っているソースコードをダウンロードすることができます。
サンプルがたくさん入っていますし、ドキュメントも大量にあるので使うことに不自由しません。

3.実際に使ってみる

ASP.NET MVCでサンプルを作ってみました。主要な部分のみ抜き出し記載します。
(今回はASP.NET MVC4とVisualStudio2011を使っています。)

HomeController#Downloadの実装部分
Home/IndexのビューにDownloadアクションを呼び出すアクションリンクを配置してあります。
呼び出させれるDownloadアクションは以下の通りです。

public class HomeController : Controller
{
    public ZipFileResult Download()
    {
        var filePathList = new List<string>{
            Server.MapPath(@"~/Content\files\ファイル1.txt"),
            Server.MapPath(@"~/Content\files\ファイル2.txt"),
            Server.MapPath(@"~/Content\files\ファイル3.txt"),
            Server.MapPath(@"~/Content\files\ファイル4.txt"),
            Server.MapPath(@"~/Content\files\ファイル5.txt"),
            Server.MapPath(@"~/Content\files\file6.txt")
        };

        var zipFileName = "ZippedFile.zip";

        using (var zipFile = new ZipFile(Encoding.GetEncoding("shift_jis")))
        {
            zipFile.AddFiles(filePathList, "");
            return new ZipFileResult(zipFile, zipFileName);
        }
    }
}

複数ファイルも、zipFile.AddFiles(filePathList, “”) としてあげればいっきにアーカイブ化できます。
1つ目の引数がZip化するファイルのパス、2つめの引数でZip化後のフォルダー内でのファイルの場所を指定します。
詰め込んだZipFileのオブジェクトをZipFileResultというカスタムActionResultに渡します。

ZipFileResultの実装部分
ExecuteResultでHttpContext.ResponseにZipFileオブジェクトを書きだしてあげます。
こちらを参考にしました。)

public class ZipFileResult : ActionResult
{
    public ZipFile zip { get; set; }
    public string fileName { get; set; }

    public ZipFileResult(ZipFile zip, string fileName)
    {
        this.zip = zip;
        this.fileName = fileName;
    }

    public override void ExecuteResult(ControllerContext context)
    {
        var response = context.HttpContext.Response;
        response.ContentType = "application/zip";
        response.AddHeader("Content-Disposition", "attachment; filename=" + fileName);
        zip.Save(response.OutputStream);
        response.End();
    }
}

4.サンプルを書いてみての補足

このライブラリーも便利ですね。
ファイルの追加とか圧縮とか、属性をもろもろつけるとか簡単にできるそうです。
唯一の注意点は日本語のファイル名のファイルをアーカイブ対象にする場合には、
ZipFileのコンストラクタでエンコーディング方式を指定する必要があるということです。

5.サンプルコード

サンプルコードはgithubにホスティングしてあります。
DotNetZipのサンプルWebアプリケーション

6.最後に

最近、だんだん手をつける範囲が広くなってきた気がします。
深堀はできないけど、薄く広く学んだことを書き留めていこうと思います。
参考にしたサイト
astel-labs.net : C#でZip圧縮形式ファイルの操作

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。